医療法人 福慈会 
メンタルホスピタルかまくら山

〒248-0031 鎌倉市鎌倉山1-23-1
TEL:0467-32-2550 FAX:0467-32-2639

作業療法室

HOME | 作業療法室

Occupational therapy room

作業療法室

 

作業療法とは

作業療法(OT)とは、それぞれの生活の中にある身近な作業を通して、ご本人にとっての大切な作業を再び出来るようにサポートしていく療法です。当院では、鎌倉山に広がる自然豊かな環境を生かし、色々な作業療法を行っています。

 
 
 

認知症の方への作業療法

「今までできていたことが段々とできなくなってきた」、「物忘れが目立つようになってきた」等、認知症になると、ご本人もご家族も不安が募るばかりかもしれません。そんな時に、ご本人が昔から大切にしてきた作業に取り組むと、気持ちが落ち着き、当時の思い出から会話が弾み、表情も和らいでいくこともあります。
当院の作業療法室では、たとえ認知症になってもご本人の大切な記憶を保ち、大切な作業を継続することができるように、おひとりおひとりの想いに耳を傾け、作業を提供していきます。そうすることで、穏やかな生活が続けられることを目指していきます。

 
 
 

強い不安や混乱等で入院された方へ

調子を崩し、今まで当たり前のように生活していた地域での生活から離れることは、多くの戸惑いや不安が付きまとうと思います。当院では、鎌倉山の自然を生かし、入院された方の休息と活動のバランスを大切にしながら作業療法を展開しています。例えば自然の中を散歩し植物に触れることで、少しずつからだやこころのリズムを整えていきます。また、陶芸や手芸、絵画や音楽等、ご本人に合った活動を通して回復を支え、悩み相談等にも乗っていきます。そして、地域での生活に安心して戻れるように、退院に向けた準備にも共に取り組みます。

 
 
 

森田療法で入院される方へ

当院の作業療法は、森田療法専門医と連携し、森田療法の要素を生かした作業療法を行っています。院庭にある畑での園芸作業を通して、季節の野菜や花を栽培したりしています。自然に触れることであるがままの自分を取り戻し、たとえ不安や悩みがあっても自分らしく生活していけるようにサポートしていきます。